過去ログ

広告

 

 

記事一覧

脱!ゴミ屋敷プロジェクト発動!!

 新しい年を迎えてもう2017年も4分の1、ブログの更新もまたまた随分久しぶりになってしまった。去年は夜の部の移籍で期待外れの展開にかなりガッカリしたり(また詳しく書きますね。)、そうかと思えばプライベートでは思い掛けないステキなドラマもあって・・・。そんなこんなでユックリPCに向かう間もなかった。

 tatherっちね、離婚してから今までの15年間、散らかり放題放置してきた自宅の“脱ゴミ屋敷”プロジェクトに取り組み始めたのだっ! 取っ掛かりは・・・

ファイル 250-1.jpg
 1F居間から・・・。自分が寝転んでテレビ見る体の形部分以外に足の踏み場もない状態からとにかく自宅に人を迎え入れる事ができる状態にしようと、とにかく居間の不要物をゴミ袋に入れ、またそこに何があるかわかんない部分のモノを広げてみたらこんな状態になった。正に膿が出たところ、こっから更に要る(かも知れない)モノと要らないモノに分けて整理して・・・。

ファイル 250-2.jpg
ファイル 250-3.jpg
とにかく狭いパンダちゃんにこんな風にゴミを満載して・・・

ファイル 250-4.jpg
ファイル 250-5.jpg

 現状どうなったのか? ハッキリ言ってフツーに片付いてる家よりはまだまだ散らかってると思う。tatherっちのお掃除センスではこれが精いっぱい。でも、とにかくゴミはどんどん運び出して焼いて、今はとにかく、来るべき人がいつでも快適に過ごせるように・・・。まだまだひたすらゴミ出しの日々に明け暮れるのだっ!!

ウクレレ・・・買い過ぎ?

 去年の秋に友達からウクレレ貰ったのをきっかけに、更に年明け買ったオベーションで火がついて、12弦ギターに振り回され・・・。それから随分買っちゃった。リサイクルショップって・・・キケンですな。

 友達に頂いたウクレレ、多分合板どころか“ハリボテ”みたいな材で出来てるんだろうな。それで塗装が施されてるんだと思うんだけど、頂いてから暫く弾き込むにつれ明らかに鳴りが変わってきた。ハリボテでも“楽器”として目覚めてきたって感じ。そしたらやっぱりもうちょっと本格的なウクレレが欲しくなって・・・。
ファイル 248-1.jpg
 最初の運命の出会い。ALA MOANAのUK-360って中国製のモデル。総マホガニー単板でちょっと装飾もされてる上位モデルでハードケースも付いてる。「線キズあります」と書かれてたけど殆どわかんないレベルで市価の3分の1近い破格の5,400円! すぐその足でコンビニATMまで金を下ろしに走った。このブランド、ネットでは酷評だったけど、黒いMAHALOとは明らかに一線を画す鳴り! それこそボディ全体から音が出てる感じでステキ過ぎる♪
ファイル 248-2.jpg
 次の出会いも同じALA MOANAの総単板だけど装飾の無いスタンダードモデルUK-260。上の360と比べたら最初は鳴らなかったけど、最近は結構いい音になってきた♪ 360はトップ、サイド、バックそれぞれが一枚の板で作られてるけどこっちは側板が本体底部で繋ぎ合わされてた。これも破格だったけど、360があるなら別に買うことなかったかも? そんな訳で近々4弦を低音弦にするLow-G仕様に変更しようか検討中。あと、3弦だけナットの溝が異常に浅く若干の調整が必要だった。全くの初心者がこの一本を手にしてたら間違いなくハズレの個体ですな。この辺が酷評の理由かも? 
ファイル 248-3.jpg
 そして更に出会ってしまったのがFamousのFU-150というモデル。その名の通り日本製としては最もフェイマス(有名)なブランド。リサイクル相場では最安モデルでも1万前後するのにその半額以下だったので衝動買い。本体はキレイだったけどペグは白く濁ってキタナイ、かなり放置されてたみたい・・・。こちらはブビンガって材の合板ではあるけどネットでの評判はALA MOANAの“玩具”に対して、ちゃんと“楽器”と認められてる。作りがいいと評判も上々。確かに弾いてみれば合板にもかかわらず素晴らしい鳴り♪ 更に合板だから環境の変化にも強いのでお出掛け用に常に連れ歩いてる。
ファイル 248-4.jpg
 上のFamous発見以前から同じショップに並んでたLANIKAIってブランドのLU-21というモデル。最初掲げられていた9,800円というプライスは2万円台前半の市価からすると安いけど、そのモデルの素性を辿ってもお値打ち感がないのでずっとスルーしてきた。ハーモニカで有名なホーナーと言うアメリカの会社がハワイ向けに中国で作らせてるとのこと。KALAって有名なブランドと同じ工場製で、実際モノも同じらしい。ブランド戦略に成功したKALAブランドになると高くなるそうな。ギアペグ仕様、ナトーという材の単板で杢もキレイだけど、9,800円はちょっとね・・・。それが後日、ヒマ潰しにそのショップに立ち寄ったときに・・・プライスタグが“わけあり品”てのに変わってて、4,980円になってた。あぁ、tatherっちにそんなに買って欲しかったのね♪
 連れて帰ったのはいいけど最初は全然鳴らなくてちょっとガッカリ・・・。後日弦を張り替えてみたら驚くほど鳴るようになった♪ 白いバインディングで全く飾りっ気はないけど今は一番のお気に入りだったりする。

ファイル 248-5.jpg
 5本揃って! ゴ“レレ”ンジャー!!(古い?)今は車載用だったり寝室用だったり居間用だったりとどこでも弾ける状態♪ 全てソプラノタイプ故の手軽さで気が付いたら抱えてるって感じ。次はハワイアンコア(って材の単板)の高級機種が欲しいんだけど・・・やっぱし買い過ぎ? 

メンバー紹介

 新しい会社に移ってもう二ヶ月。モチロンその間色々あったんだけど更新できないまま・・・随分日が経ってしまった。R社ネタ、まとめるの結構難しいのだ・・・。んで取りあえずメンバー紹介。

社長:元暴走族でバリバリのヤンキーだった社長、その経歴通り“喧嘩っ早くて情に厚い”人。「そんなことまで話しちゃっていいの?」って言うくらい何でも話す人で表裏はない。頭ごなしにものを言う面もあるけど本人もわかってるようで後で反省してるみたい。仲間やお得意さんを大事にする人。ただ、一見さんには・・・ビミョ~。

杉田女史(仮名):R社唯一の随伴レギュラードライバー。明るくて愛想は良い。ただ、頑張る人なのはわかるんだけど内容より“頑張ってる姿”をアピールしたがる傾向にある。それともう一つ、新人のtatherっちに対して「私の方が先輩!」というオーラをチョコチョコ漂わせる。“頼れる先輩の背中”から発せられるオーラとはちょっと質が違う。かなり“歯に衣”着せてます・・・。

中村女史(仮名):杉田女史の次によく当たる。クールで無愛想な感じ。社長によると追い詰めるとキレるらしい。ただ、クールにさり気なく、それでいてテキパキと仕事を片付けていく“デキる人”。実際話すと別に無愛想じゃないし接客も上手くこなしてる感じ。

中江女史(仮名):tatherっちと同じ日に面接受けた唯一の同期。但し彼女は20代だからtatherっちよりずっと若い。元祇園の“夜の蝶”だったらしくかなりの美形。ちょっと取っつき難い印象だったけど実際組んでみるとむしろ控え目で真面目な感じだけど明るい人。ただ、本人曰く「感情がすぐに顔に出ちゃうんですよぉ~」との事。“経験値”ってのは人生に追いてくるものなんだから今はそれでいいんじゃない?

 まだまだいるんだけど、取りあえずtatherっち絡みの主要メンバーの紹介でした。今後徐々にレポートしていきます。引き続き、応援よろすくちゃ~ん♪

出逢わなければ幸せだったのかな・・・?

ファイル 249-1.jpg
 ふとヒマ潰しに覗いたリサイクルショップで“チョ~劇的”な出会いをしてしまった・・・。Morrisの“MB305-12”って12弦ギター、高~い所に吊るしてあって詳細まではよくわかんないながら型番と価格、そして「ジャンク品」だということはわかった。
ファイル 249-2.jpg
 縦書きロゴの“Morris”のMの両サイドにTとFの文字が入ったモデルってこのモーリスブランドでもtatherっちの少年時代、高級モデル(マーティンのパクリだけど)だったはず。それが・・・
ファイル 249-3.jpg
 7,980円とな? 思わずその場で型番を検索してみたら・・・トップはスプルース単板♪ 更に更に! サイド&バックは今となっては幻の材“あの”ハカランダ(合板だけど)!! 店員さんに声を掛けて高いところから降ろして頂いて確認。弦は錆びて4~5本残ってるって感じのまんまだけどその状態でのネックの元起きや反りもなく、ただ、ボディは若干汚い感じではあった。ジャンクの理由はグラついたペグとストラップピンの欠品との事でモチロン即決となった。

ファイル 249-4.jpg
 サイドの杢、キョ~レツです♪ 連れ帰ってボディの、何かステッカー跡的な糊のような部分を磨いてグラグラのペグを軽く締めて、たまたま持ってた新品の弦を張って・・・。むふっ♪ 欠品のストラップピンはそのまんまだけど、これこそ正に“掘り出しモン”でした♪ 12弦には散々振り回されたけどYAMAKIとYAMAHA、近々売りに出す予定・・・。

そして第二章“R社の部”、始まり始まりぃ~♪

 この4月1日より、今まで5年弱お世話になったA社から、R社のドライバーとして再デビューする事となった。んで今日で5日目・・・。心配してた勤務や収入の減は今のところない。たまたまかも知れないけど、ギャラに関してはA社の頃よりむしろ若干増えたような・・・。
 但し、今度の会社は凄く厳しい。まぁ、今までが「ホンマにこんなんでえぇんかいな?」ってくらいにユル過ぎたし、調子に乗って言いたい放題言ったモンの言い分が通り辛抱するヤツが馬鹿を見るような理不尽さはここにはないようだ。自称“ワンマン”でアクの強い社長に全てに於いて徹底して管理されてる感じ。A社時代の同僚には無理なメンバーもいるかもね。でも、“企業”としてはこれが当然じゃないかとは思う。あぁ、「ワンマンでアクが強い」と書いた社長だけど、A社にいた頃から何度かお話しする機会もあり、そのキャラが当時からtatherっち的にはむしろ好印象だった。
 ただ、現状その厳しさ故の現場で求められる行動に中々追いて行けず“元A社のトップドライバー(自称だけど)”もここでは形無し。オロオロしたり焦ったり、全くのド新人状態・・・情けない!

 明日はA社辞める決意をする以前から約束してた当時のお客さん関連のイベント参加のため初休暇。しっかり発散してまた明後日から、とにかく今は頑張るしかない!!

応援よろすくちゃ~ん♪

代行カテゴリー第一章“A社の部”・・・完

 あまりにも唐突な話なんだけど・・30日の乗務を以て5年近くお世話になったA代行社を退職した。大好きな仕事ではあったけど、ずっと燻ったままの社長との方向性の違いに正直疲れちゃった・・・。何日も眠れないほど悩んで、腹を決めて話をするつもりで出した退職願、それがあっさり受理されちゃって、もう後には引けなくなっちゃった。

 言いたいことはここでは書き尽くせないくらいあるんだけど、最後の乗務の日が近付くにつれ、もうどうでもいいことになってきた。そんなことよりも、勤務が減っちゃうエッちゃん女史やドクタージジィ、そして今までお世話になったお客さんに多大なご迷惑をお掛けすることが気がかりではある・・・。
ファイル 245-1.jpg
これは会社から。有難くもちょっと変な文章の手紙付き。形式的にご辞退申し上げたんだけど、その時点での経済状況と先行きの不安もあり・・・有難く頂戴した。

ファイル 245-2.jpg
んでスナックJの母(“かぁ”と読む。要はママさん)から。大変可愛がって頂きキープ流れのボトルをたまに頂いてたんだけど、今回は新品で! 因みに客としてお邪魔したこと一度もない・・・m(__)m

 サプライズのお餞別を頂いた。今まで誰よりも会社の為、仲間の為、そしてお客さんの為に頑張ってきた自信があるし、その評価を頂いたことは嬉しい限り(辞めちゃう事である意味みんな裏切っちゃう事になったけど・・・)なんだけど、今回の事、本音を言えばもっと違う解決法を見たかったんだけどね・・・。

 月が明けたら他社ドライバーとして再デビューする事になった。また一からやり直し。モチロン次も“エースパイロット”として活躍できるよう、先ずは頑張るのみ!!

12弦に振り回されて三本目・・・。

 “更に!!”買った12弦、思ったように音が出なかった原因は、“腕”だけじゃなく・・・ネックの酷い順反りの為異常に高くなってた弦高にもあったみたい。中古ギターを、それもリサイクルで買う場合はしっかり見るべきところでもあったのかもね・・・。
 そんな訳で弦を全部緩めてネックの反りを修正するべくトラスロッドというネックに内蔵されてる“骨”の調整ねじを最初は少しずつ締め付けていった。暫く置いては様子を見てまた締めてを繰り返したら、最後は「バキッ!」と・・・ロッドがぶっ壊れてしまった。
 後の祭りになってからだけど調べてみたらこの修理はネック、フレット、指板まで外してへし折れたロッドの根元を再溶接しなきゃいけないらしい・・・。因みにリペアショップに頼んだとしてこの費用を調べてみたら、「フレット交換 30,000円~」、「ネックリセット 50,000円~」。更に指板外してロッドの再溶接なんて項目なかったけどそれもやったら合計・・・無理! 親友の形見だとか、大好きなアーティストにサイン入りで頂いたとか、それくらいの思い入れがなきゃとても無理!! それ以前にそんなに大事なモンならそのショップの「アイロン調整 8,000円~」と「ロッド調整 3,000円~」に最初っから出してるわな・・・。でもこのギターを手放す気はない。ぶっ壊した以上はいつか直すつもり。但し、自分の手でね♪

 実は・・・オベーション買ったときにもう一本気になってた12弦があって、でも、その後の“メジロ”の襲来の計算したらその時の価格19,800円はちょっと難しかったのでそれは諦めて前出のギターを買ったんだけど、その後タイミング良くお昼の仕事が順調でちょっと懐具合に余裕が出来たので覗きに行ったら何と! 14,800円にプライスダウンしてた♪ そりゃア~タ、決まってるでしょ♪

ファイル 244-1.jpg
 YAMAHA FG12-350(正に青春時代現行だった“ベージュ・ラベル”)です。前出のFGから数年後の現行のヘッドデザインになったモデル。セルロイドだろうけど貝っぽいトップのインレイと“米印”みたいなポジションマークがちょっとステキ♪ ↑で学習したネックの反りも大丈夫みたい。 試奏? あぁ・・・いつもの通り♪
 夜の部終えて早速自宅で“御開帳”したら・・・手持ちが無かったのか6弦ギターの弦を2セット張ってある。おいおい・・・でも、ロッドをぶっ壊したギターに使う為12弦用の弦は買ってあったのだった♪ んで、元々あった弦を外して・・・あ!

ファイル 244-2.jpg
 ナットが割れてるがな! まぁ、ナットの製作・交換くらいは素人でも簡単に出来るんだけど、結局弾けず・・・。その時ふと頭をよぎったのは・・・?

ファイル 244-3.jpg
 「フレットすり合わせ、ネック調整済」を謳いながら15,120円で別のリサイクルショップで見かけてたYAMAKI(YAMAHAじゃないよ!)の12弦。はい、後日すぐに購入して自宅で撮った写真です・・・ゴメンナサイ!
 ホンマモンの貝を使ってる縦ロゴと六角のポジションマーク、セルっぽいけどボディにも入ってる豪華なインレイ! トップも単板(に見えた・・・)!! ただ、ネック・フレットはちゃんとメンテしてる(と書いてあった)のに・・・

ファイル 244-4.jpg
 何故かブリッジのサドルがガタガタ・・・。前オーナーさん、弦高下げる為サドルを爪切りか何かで切ったんじゃない? またまた弾けずじまいで・・・。翌日、近くの楽器店で牛骨製のサドル(と、FG用のナットも)買ってきて・・・

ファイル 244-5.jpg
 頑張って削り出したわな・・・。手前が元のサドル、後がtatherっちが苦心して作った作品です。

 ここまではやったけど、型番がわかんない。スタンプで“YW”というシリーズなのは判るんだけど、その後が滲んじゃって読めない。検索かけまくってやっとそれらしいモデルを見つけた。「YW-30M-12」・・・はい? あのマーティンのコピーモデル全般に当てはまる上級機種のみに許される筈の“縦ロゴ”でホンマモンの貝使いまくってるのに、“オール合板”で3万のモデル? ありゃりゃ・・・。 本音、ちょっとガッカリしながらも買っておいた弦に全部張り替えてジャラ~ン・・・すげぇ! ムチャクチャえぇ音やん!! はい♪ “セミ一生モン”ゲット!!

 12弦ギターって安いモデルでも結構えぇ音するんで“サブ的”感覚で取りあえず買ったつもりが“大人買い”みたいになっちゃって・・・随分振り回されてしまった。ただ、二本目のFG12-350の音は欠けたナット換えてないのでまだ聴いてない・・・。

更に12弦!

 憧れのオベーション買ってからその翌々日、今までの辛抱から解放された反動もあったりして・・・またまた買っちゃいました♪

ファイル 243-1.jpg
ファイル 243-2.jpg
 ヤマハの12弦ギターFG-260、これも随分前からオベーションとは他のリサイクルショップで気になってたギターで、先細りヘッドに音叉マークの通称“グリーンラベル”という1972~74年のモデルらしい。これが何と10,800円! んで、これも試奏せずに即決! だからぁ、これも帰ってからユックリ確認すりゃいいでしょ・・・。 でも、店員さんが「付属のソフトケース探してきますね!」と姿を消して暫く、コッソリ鳴らしてみたら・・・ありゃ? 4~6の太い弦は殆どサスティーンがなく「ボッ、ボッ・・・」って、随分酷い音だった。まだお金も払ってない段階で“ハズレ”掴んじゃったかな? でも、弦を張り替えりゃ解決すると信じてそのまんま購入した。

 グッと我慢の夜の部を終えて帰ってから改めてチューニングしてもやっぱり酷い・・・というかキタナイ音で・・・。翌日とにかく弦を探して楽器屋とかリサイクルショップ回ったけど12弦用の弦が無くて、取りあえず主音となる弦だけ6本替えてみて、ジャラ~ン・・・おいおい!ムチャクチャえぇ音やん♪

 んで、しばらく弾き込んでみて12弦の心地良く広がる音に感動しながらも・・・現時点でtatherっちの指ではこの音は生かせそうもないことに気付いた。当時の流行りなんかもあってジャカジャカ弾いても耐えられる強さを、更にそれが12弦で求められた故の太くて分厚いネックをグッと握っても今のtatherっちでは力が足りないのを実感した。ギターは鳴るのに弾き手が鳴らせないってのが悔しい!! 取りあえず・・・

もうちょっと練習しなきゃねっ!!

ギター少年・・・だったオヤジ、Ovationで復活!

 先日友達からウクレレを頂いた記事を書いた。最初は全然鳴らなかったし全然弾けなかったのが、徐々に鳴るようになり弾けるようになるにつれ、tatherっちの夜の部の仕事の合間の一つの楽しみとして欠かせないアイテムとなった。ただ、そうなってくるとまたまた困った事態に陥ってくる。tatherっちの中・高生の頃の正に“青春”そのものだったギターが弾きたくなってしまったのだ・・・。

 実はtatherっち、ほんの数年前までは高校時代父親にヤカラ言って買ってもらったギルドのD-55という当時30万近くしたギターを持ってたんだけど、社会に出てからはずっとハードケース内に放置されたままで、以前ふと思い立って弾いてみたらもうすっかり弾けなくなってしまってた。ただ、それでもこのギターだけは「何があっても一生手放さない」つもりでいた。でもある時本業、副業合わせても金銭的に追い詰められちゃって、それこそ“悪魔に魂を売る”想いで楽器屋さんに売っ払ってしまった・・・。

 大好きなリサイクルショップ巡りでも必ず覗いてた楽器のコーナー、そんな中でも愛器だったギルドと同価格帯のマーティン、ギブソン辺りは大概ショーケースの中でとてもじゃないけど手が出ない価格で飾ってある。ましてや70年、80年代のUSA物になると“ヴィンテージ”という付加価値が付いちゃって当時の標準価格よりも高くなってる物まで・・・。でも、2万~3万くらいで買えそうな物はヤマハ、モーリス辺りの3万~5万クラスの合板ボディの物ばっかし。モチロンそれでも十分弾けるし実際弾いてみたら気に入る音のギターもあったとは思う。ただ、オール単板のギルド弾いてたtatherっち的にはどうしても買う気がせず・・・それ以前にtatherっちにとっては未だ2~3万という金額はそう簡単に出せる金額じゃないのだ・・・。

 年末、ちょっとだけ仕事が増えて・・・それでも仕入れなんかで手持ちのお金がバタバタと出て行っちゃって正直かなり苦しかったんだけど何とか乗り切り年明けに少しまとまったお金が入るメドがついた。そしてそんな中でリサイクルショップであるギターに目が留まった。メーカーと型番からそのヒストリーを調べていくうちにどうしても欲しくなっちゃって、それからはチョコチョコ覗きに行っては売れてないか確認しながら請求の入金日を待ち続け・・・むふっ♪

ファイル 242-1.jpg
ファイル 242-2.jpg
 これもギター少年だった当時すごく憧れたギターで、オベーションのLegend 1617というモデル。当時アコースティックギターとしてはかなり異色の存在だったけど、その後このギターと似たような物が色んなメーカーから続々出てきて“エレアコ”というカテゴリーの元祖となったそれこそギター史の“Legend”的ブランド。S/Nから調べてみたら1981年のUSA製、35年前のUSモデルの正にヴィンテージギター!
ファイル 242-3.jpg
 難点としてはエレアコの所以となる内蔵ピックアップが故障してて更にボリュームツマミが取れちゃってる事くらい、ライヴで使うつもりで買うんじゃないからその辺はユックリ考えりゃいいんじゃないかな? サイドとバックが樹脂製なのでオールウッド製のギルドやマーティンほど値打ちが付かないらしいけどトップは上質のスプルース単板で歪みやクラックも無さそうだし純正シャラー製ペグも錆びのブツブツも殆ど無く純金メッキでキラキラだし、松山千春や井上陽水、更にジョン・レノンも愛用したオベーションが破格の44,800円!! 外見をチョチョっと確認して「これ下さい♪」 試奏? んなもん持って帰ってからユックリやりゃいいでしょ。

ファイル 242-4.jpg
 レジで会計中に付属の純正ハードケース持ってきた店員さんが「古いモンなんでケースの金属部が汚いのと縁のテープが剥がれちゃってるんですが・・・。」と申し訳なさそうに言ってきた。そりゃア~タ、“ヴィンテージ”なんだからそんなとこまでキレイだったらこの金額で買うこっちが申し訳ないわな・・・。
 その後お昼の仕事一件やっつけて晩飯の買い出しを済ませて・・・あ!ピック2~3枚オマケで付けろと言うの忘れてた! 別のリサイクルショップで買って帰ってチューニングして・・・すっかり弾けなくなっちゃったながらも無難なEマイナーで鳴らしてみてその鳴りにビックリ♪

 これ、十分“一生モン”レベルですわ♪ ただ、先ずは完全になまり切っちゃったtatherっちのギターテクニックの磨き直しから始めなきゃね・・・。

憧れのフェラーリ・・・エンジン。

 GT-RにNSX、ポルシェ各車からジャガー、AMG含むメルセデスにもレクサスにも! 色んな車を運転できる代行業はアルバイトながらもtatherっちにとっては正に“クルマ天国”だったりする。そんな中でこの4年半、未だ回ってこないのがフェラーリ・・・。以前あるお客さんがF430の契約秒読み段階まで進んでて「運転手さん、もうすぐ買うからな!」と言ってくださってたんだけど、ご結婚と社用地の買収が重なっちゃって白紙に・・・。「運転手さんゴメン・・・」って、いやいや、ご結婚と会社の拡大の為ならそれはおめでたい事でしょ♪ そのうちまたすぐ、そんな機会来ますよ!

 んでその次に乗りたい車が“マセラティ”。フェラーリじゃないけどフェラーリ傘下のメーカーで、フェラーリ製エンジンを搭載してる車種も多い。たまに街中で見かけると思わず窓を開けてそのサウンドに聴きしれるクルマの一つだったりする。

 先日社長からの配車指示で伺ったお店の前に、そのマセラティのクアトロポルテと日産のセレナが停まってた。行先は京田辺方面と聞いてたのでそれぞれのナンバーを見たら・・・むふっ♪ マセラティは京都ナンバーでセレナは大阪。

ファイル 241-1.jpg
 はい♪ 期待通りお客さんが指差したのはマセラティでした! 落ち着いた雰囲気ながら“猛獣チック”なワンポイントが利いてる高級4ドアサルーン、エンジンを掛けた瞬間の軽いブリッピングのサウンドは正にスーパーカー! スタートしてすぐに「フェラーリエンジンのモデルですか?」って聞いたら「一応は・・・そうですよ。」との事♪ 人生初のフェラーリエンジンに酔いしれるつもりだったけど・・・。
 乗ってるうちにちょっとガッカリ。エンジンはフェラーリながら車は高級サルーン。窓を閉め切った状態からのフェラーリサウンドは殆ど聞こえないし、運転しての印象は“ちょっと乗り心地の硬い高級車”って感じ・・・。可変マフラーをウルサイ方にしてグッと踏み込めばそれなりに“フェラーリ”を感じられるんだろうな・・・。でもまぁ、憧れのマセラティに乗れた事はすっげ~嬉しかったtatherっちだったりする♪

 後日、このマセラティに再び乗る機会があった。そのオーナー氏もtatherっちの事を覚えてくださってて、「こないだの方ですよね?」と声を掛けて頂いた。お伴中クルマ好き談義で盛り上がった。次か・・・その次の機会には、「目一杯踏まして頂いてもよろしいですか?」とお願いしてみよう。

「認識を疑う」に決定!

 代行社の新年初日となる3日、その日のtatherっちの相方はバシさん。出勤してすぐこの週のシフト表を見て・・・正直こうなるだろうと予想はしてたけど、あぁ、やっぱしくコ:彡りんの名前あるがな。タクシーやバスとか“二種免許”業界で女性客にチョッカイ出してのトラブルって普通即刻クビなんだけどね。それでも社長、くコ:彡りんが大事なのね・・・。まぁ、他の従業員はtatherっちも含めみんなアルバイト、社長の方針ならそれでいいんじゃない?
 間もなく出勤してきたバシさんと新年の挨拶を交わし、取りあえず出庫した。んで御用納めでの経緯を早速聞いてみた。何とまぁ・・・ちょっと前からその件についてはバシさんに「いやぁ、最近女運エェみたいですわ♪」と自慢気に話してたらしい。それが今回問題になった事でピンときて、自白させたというのが真相だそうな・・・。その後、ドクタージジィもその自慢話聞いてた事が判明。

 まぁ、社長の方針は会社の方針だからそれでもこのまんま使うのはしゃ~ないわな・・・。ただねくコ:彡りん、そんな大問題起こしといて年明け早々勤務日数が少ないだの何だの、相変わらず不平不満タラタラ、どの口で言えるねん!!

本年もヨロシクです!!

 新年明けましておめでとうございます!! 相変わらずもギリギリの状態ではありますが、公私ともども多くのみなさんのお世話になり、何とか51回目の新年を迎えることが出来ました♪

 さてさて、tatherっちの新年は、去年に引き続き女神様のお店のカウントダウンパーティから始まり、飲み過ぎたせいか腹具合が悪く朝方から何度もトイレに通う羽目になってしまった(バッチイ話でゴメンナサイ・・・m(__)m)。ただ・・・その“何度も”の間、便座に座る度に温水洗浄便座の暖房便座が温まってたり冷たかったり、真冬の早朝、暖かいつもりで勢いよく便座に座ってそれが冷たかった時のショック、心臓が止まるかと思ったわな。更に、その次は座る前に便座に触ったらちゃんと暖かくなってたので、更にその後トイレに行ったらまた冷たくなってて・・・ホントにこりゃ心臓に悪いかも? 更に、もう数年前から洗浄の方も温水が出なくなってた。いよいよお別れの時が来たようだ。tatherっちがこの家買う前の住人の代からひたすらケツを洗い続けてきてくれた、そして寒い冬でも快適に用を足せるように温かく迎えてくれた温水洗浄便座氏、今までホントにお疲れ様でした・・・(-人- )

ファイル 239-1.jpg
 お昼頃、若干二日酔いだったけど、もう10年以上tatherっちの恒例行事になってる河川敷ラジコンメンバーでの新春初飛行大会に参加した後、ここ数年の“悪い恒例行事”になりつつある“初打ち(パチスロの・・・)”に行くつもりだったけど、その前に便座の交換をしようと思い立った。思い立っても「元旦に便座買いに行くんかいな?」と思った方、ごもっとも! 実は随分前に電器屋さんの友達にあまり使われてないお古(モノがモノだけに中古として出回らない)の温水洗浄便座頂いてたのだ♪ ただ、交換工事(と便所掃除)がメンドクサくて暫く放置してたのだった。古い便座の外し方や新しい便座の付け方がわからず、その都度ネットで検索しながら悪戦苦闘したけど・・・

ファイル 239-2.jpg
 何とか換装完了!! すぐには催さなかったので動作確認は遅くなったけど、暖房便座と温水洗浄で今後は快適な○○生活が送れます♪ 作業で疲れちゃって初打ちは行けなかったけど、それも“結果オーライ”だったかも♪
 翌2日、改めて初打ちの予定だったけど、負けて帰って食うモンがないのも困るので先に食料買い出しに行ったら鴨鍋用の青ネギが中々売ってなくて、結果何とか確保出来たけど数軒回ってまたクタクタ、そんな訳で未だ“初打ち”は果たせず・・・。まぁ、いいかっ♪

 2016年、皆様にとってステキな一年になりますように! 皆様宅の温水便座が快調でありますように!! モチロンtatherっちもだけど・・・。本年もどうぞよろしくお願い申し上げまするぅ~~m(__)m

最悪の御用納め・・・。

 12/30、新年を迎えるまでいよいよあと一日ちょっととなり、我が代行社今年最後の業務がスタートした。ボチボチご依頼の電話も頂き前半折り返すまでに既に深夜2時までご予約で一杯になった。その日出た3台、それぞれが気持ちよく終われるレベルで売り上げのメドもついた♪
 そんな感じでの・・・日が変わるちょっと前くらいに、ある居酒屋さんのマスターからお電話があって「ちょっと社長さんに電話貰えるように伝えてくれる?」との事。本日の受付係エッちゃん女史がすぐに社長にその旨を伝えて暫く、折り返し社長から電話があり「『ちょっと店まで顔出してくれるか?』って、何かあったみたいやけど心当たりある?」って・・・。んで女史、「その店からのご依頼とかはないですよ。ただ、(時々その店を利用している)Hさんは(その店の)近くの駐車場待ち合わせでちょこちょこ行ってますけど・・・。」と返して・・・。その後更に暫く経ってから再び社長から電話が掛かってきた。

 「KさんとスナックMのママさんをその店に送って車だけご自宅まで? はい、ウチが行ったんじゃないですが誰かに配車しましたよ。それが・・・えぇ!?(少し絶句して)う~ん、いや・・・誰に振った(配車した)かは・・・ちょっと・・・。」 

 京都市内のちょっと遠いお迎え先への移動中だったのでエッちゃん女史の受け答えの一部始終を聞きながら“ん~?今度は(誰が)何やらかしたんかいな?”と思いを巡らすtatherっち、確かに数日前にそんな配車してたな・・・。んで電話を切った女史の話を聞いて唖然!!

 「KさんとスナックMのママをその居酒屋さんまで送った後Kさんのご自宅までお車だけ届ける時に、もう一人女の子がいてその娘だけ更に別の場所まで送ってったらしいんやけど、その間にその娘のケータイ番号聞きだして、それから何度もそのドライバーから電話が掛かってきて困ってるんやて。」

 おいおい!それって“ストーカー行為”やないの!? ホンマかいな・・・? 先ずは社長の指示通り各ドライバーの良心を信じ聞取り調査。はい、全員「そんなことしてません!」
 んで社長、マスターに「ウチのドライバーは『していない』と言ってます!」と伝えたけどマスター、「Kさんは“車だけ”ではオタク以外には頼んでないって言ってんねん!」との事。その上犯人の名前かメールアドレス、もしくはケータイ番号がわかってるみたい、だけどこっちの調査で見つけてこいと教えてくれないらしい・・・。

 今年最後の業務を終え、ボチボチとドライバーが帰ってきた。tatherっち&エッちゃん女史、マロンちゃん&ドクタージジィ、そしてちょっとしてから・・・「あいつは問題ばっかし起こしやがって・・・」と何故か一人怒り心頭で帰ってきたバシさん・・・。はい、その相方が犯人だったのね・・・それまでは白を切ってたけど証拠を突き付けられ結局自白、その後社長に連行されていったそうな。
 今年最後の営業日にこれまた情けない終わり方、この話が噂で広まって来年は“セクハラ代行”とか“ストーカー代行”なんて言われるかもね。もしかしたら会社存続の危機に陥るかも知れない。そんな中これでも年明け3日、シフト表通りに「おはようございま~す♪」なんて普通にヤツが出て来たら・・・自分のやらかした事が理解できないくコ:彡りん、そしてそれでも切らなかった社長、それぞれの認識を疑わざるを得ない・・・。

居間(リビングとは言わない・・・)の照明♪

 夜の部にアブれちゃった木曜、お昼のギャラがまとめて入ったのに気を良くして久々にパチスロでも打とうかとパチンコ屋に向かってたんだけど、その手前にあるリサイクルショップにふと立寄ってしまった。ウクレレかギターかゴルフ用品かの格安商品を見るつもりが何故かある照明器具に目が止まってしまった。「若干のベタつきがあるのでお安くしています。」と書かれたリモコン操作のシーリングファンライト(扇風機の付いた照明、昔ちょっと憧れたのだっ!)、ベタつきもどこにあるかよく判んないし、見た限り新品に近いキレイさで、それが何と2,160円♪

 tatherっち宅の居間(リビングとは言わない・・・)の照明、天窓風になるよう埋込タイプの正方形の器具が縦に3つ並んでる。そのうちの真ん中の器具の安定器がぶっ壊れたようでスイッチを入れても中々点灯しない。それをコンバートしちゃおうとほぼ衝動的に買ってきた。パチスロやんぺ♪

ファイル 237-1.jpg
 先ずこの安定器のぶっ壊れた照明を外してみた。扇風機が付いてる分重い新しい照明器具、くつろいでる時に頭の上に落ちて来たら「痛ぁ~い!」では済まんわな・・・。どうやってしっかり取り付けるか?の検証から、でもすぐ解決♪ 古い天窓風照明器具、単に天井板にはめ込まれてるんじゃなく、しっかり梁に固定された金具から伸びたズンギリで吊られてた。そんな訳でこの器具の型枠をそのまんま生かして新しい器具を取り付ける事にした。元々埋込タイプだった分ビンボー人の低い天井に優しい♪

 ただ・・・作業の段取りは決定したものの道具もなければ資材もない・・・。先ずはモンキーレンチと厚目のベニヤ板を買ってきて・・・更に古い器具の鉄板越しにそのベニヤ板まで貫通できる日曜大工レベルの電動ドリル買いに走って・・・。


ファイル 237-2.jpg
 2,160円の照明付けるのに資材と道具揃えるのに3,000円近くの費用を使ってしまった。まぁ、ユックリ借りて回れば掛かんなかった費用ではあるけど・・・。更に取り付けの際、線をショートさせちゃって頭から火花被ったりしての格闘の末・・・

ファイル 237-3.jpg
 無事完工♪ 

ファイル 237-4.jpg
 部屋も随分明るくなったしこの扇風機、かなり効果あるみたい。暖房23度設定でも充分暖かい♪ 久々に“当たり”の衝動買いだったみたい♪
 今後について・・・生き残ってる既存の天窓風器具両サイドと新しい器具を別回路にしちゃおうかと。んで新しい器具に入ってる電球型蛍光灯(電球色)を白色LED化する。んで電気代幾ら節約出来るかは知んないけど・・・♪

背中のデキモン

 もう随分前からtatherっちの背中にはデカいデキモンがあった。粉瘤(ふんりゅう)と言うモンらしい。大きくなるにつれてたまにちょっと張った感じがし出してその後ちょっと赤っぽい穴から“お粥”みたいな怪しい汁が少し出るってのを繰り返して・・・。痛いとかは無いんだけど、この汁が出ると人知れずクサいのだっ!! ホントは皮膚科あたりのお医者さんに手術して頂くのが一番なんだろうけど、ずっと放ったらかしにしてたらある日炎症を起こしやがったようで、今まで単に何となく邪魔なしこりに過ぎなかった患部が徐々にシャツとかに擦れると痛くなり出して、日に日に、服越しにショルダーバッグのストラップがスッと触れるだけで声が出るほど痛い状態になって・・・んで、風呂入る時に鏡で患部見たら一部分だけ赤黒く変色して、熟しきって腐りかけの柿みたいに表面パリパリの中身フニャフニャって感じになってた。
 んである日・・・目覚めたら背中から何かベッチョリした感じがあって痛みがマシになってた。とうとう限界を超えてデキモンが潰れたみたい♪ Tシャツが例の“お粥”でベトベトに汚れてた。暫くの間・・・

ファイル 236-1.jpg
 患部にキッチンペーパーをガムテープで貼り付けてたまにモミモミして・・・を繰り返したら・・・

ファイル 236-2.jpg
 ゴルフボール半分くらいの大きさだったデキモンが“平地のクレーター”になった。でも多分これで完治♪・・・とは行かないと思う。

 今後また大きくなるまでにちゃんとお医者さんに診て頂けるよう段取りしとかなくちゃね。あ、その暁には歯医者さんも行くこととしよう♪

ウクレレもらった♪

 先日、中学時代からの友達うえま氏の娘さんのPCがおかしくなったとの事でサポートに伺った際、その作業の間久しぶりに会ったことで懐かしい話や現況などの会話で盛り上がった。色んな話の中で、昔お互いハマったフォークギターが今でもどれくらい弾けるかって話になって、彼が出してきたギターを交互に弾き合って・・・tatherっちはもう全然ダメ、うえま氏もtatherっちより若干マシな程度だった。
 その辺の話の流れで、最近リサイクルショップをチョコチョコ覗きに行くんだけどその際必ず楽器のコーナーにも立ち寄ることや、そこで売ってるギターの話なんかして、最後に「安いウクレレ見かけたらいっつも買いそうになるねん・・・。」って言ったらうえま氏、おもむろに押入れをガサガサしだした。んで、「これやるわ♪」って・・・

ファイル 235-1.jpg
 ウクレレもらった♪ MAHALOってメーカーの安モンらしいけど、ちゃんと音が出りゃ先ずはこれで充分かも♪ ただ、受け取った際1弦と4弦が細くて2、3弦が太かったので弦の張り方間違ってると思って1~4弦にかけて太くなるように張り直したけど、帰ってからネットで調べたら張り直す前のが正解だったので元に戻したら、張り直した時よりずっと鳴りが良くなった。ウクレレって楽器、このサイズだから気軽に持ち運べてどこでも演奏できそうなので随分前から気になってた。更に、実際弾いてみると、高度な演奏はともかく“弾き語り”レベルくらいまでは誰でもすぐ出来そうなくらい簡単♪ 今後は夜の部の暇つぶしに遊べそう♪ ただ、ブラックボディは今一つ気に入らない・・・。

ショートコース & バースデイ・パーティ♪

 木曜日、女神様との先週からの約束で3度目の和幸カントリークラブへ行ってきた。不意のお声掛けにお師匠様は参加出来ず、今回もチーフ氏と3人でのラウンドとなった。腕試しのつもりの前回のチャレンジでは何の成果もなく逆にスコアを落としてしまう始末で・・・。
 今回は近々tatherっちにとっては2度目になる本コースのラウンドに備えて、前回の反省点であるフォームの崩れとバンカーショットを改めて打ちっ放しの練習で調整して、更にアプローチやパットも含めての実戦練習と言うことで・・・、まぁ、本来なら1人でもチョコチョコ通って練習するべきだったんだけどね。

ファイル 234-1.jpg
 んでこれが結果です。随分マシになった♪ 今までトップしてフェアウェイをゴロゴロと転がっていくようなミスショットが随分少なくなったし、2度捕まったバンカーも1回前下がりのショットで失敗したけど何とか脱出成功! しかも初バーディ1回にパーが3回取れた♪ ただ、やっぱりアプローチでの距離感は今一つでグリーン手前数ヤードからのショットが届かないなんてのが何度かあり、その辺で6~7打叩くホールも結構あった。まぁ、これは今後実戦重ねて身に着けて行かなきゃね・・・。
 あと、ショートホールなんでドライバーとかスプーンの練習が出来てない。取りあえず、より確実にアイアンが打てるようウッドは殆ど練習しなかったし、たまに気分転換に打ってみても殆どまともに飛ばなかった。本コースではやっぱりホールまでの距離に合わせたクラブで打ちたいので、ラウンド後の打ちっ放しで女神様にドライバーショットの手ほどきを頂いた。今までヘッドにまともに当たること殆ど無かったのに、アドレス時のヘッドの位置やバックスイングについて2~3ご指摘を頂いた事に注意して打ってみたら・・・ありゃりゃ、面白いように当たるようになった♪ すっげ~!! 但し、ボールはみんな極端に右方向へ飛んで行っちゃう。この先は自分でも勉強しなきゃねっ! そして一旦帰宅して身を清めた後女神様のお店にお邪魔した。

ファイル 234-2.jpg
 ちょっと遅めのバースデイ・パーティをして頂いた♪ tatherっちもとうとう50の大台・・・でも、こんなオッサンになってもお祝いして頂くのはやっぱり嬉しいです♪

ファイル 234-3.jpg
 更に女神様、チーフ氏、そしてお店のオネーサンのミホさん(仮名)から素敵なプレゼントも頂いた♪ 大切にしますねっ!!

 閉店後、代行が迎えに来るまでの待機中、さすがにかなり疲れてたみたいで狭いパンダちゃんの車内ですぐ爆睡してしまった・・・。ステキな1日、心より感謝!!

バーストの恐怖には勝てず・・・。

 サイドウォールに何か刺されてパンクしたパンダちゃんの右前後タイヤ、常習犯に何度もやられてその度にタイヤ交換してたら今のtatherっちでは経済的にパンクしちゃう・・・。そんな訳で禁じ手のサイドウォール修理でひと月くらい様子を見る事にした。修理後、ネットで「サイドウォール パンク修理」などと検索かけて何とか慰めになるような文言を探してはみたんだけど結局そのようなものは見つからず、それより「高速でバーストして死にますよ!」とか「数千円~数万円ケチる為に命賭けられますか?」ってコメントばっかし・・・。それから数日の間は頑張って“命賭けて”走ってたけど、日に日に募るバーストの恐怖・・・。
 17日土曜、夜の部出勤までの数時間、持て余した時間潰しに寝屋川のリサイクルショップでも覗きに行こうかと一号線を大阪方面に向けたんだけど、所々で道路が流れ出すとそれなりに速度出さないとすぐに後の車が迫ってくる・・・もう我慢も限界。適当な場所で進路を宇治方面に向けた。
ファイル 233-1.jpg
 タイヤショップで取りあえず2本だけ換えてくださいと・・・。フロント左右に新品入れて元々左フロントに入ってたタイヤを右リアに移して完了。

 費用は1万ちょっと、元々チープなタイヤサイズなので安くは上がったんだろうけど、イタズラによる無用な出費。痛すぎるわな・・・。

横っちょは・・・やん!

 昨日の夜の部が終了していつものようにパンダちゃんに乗り込み、先に車を出した相方のエッちゃん女史にバイバイの合図をしておもむろにスタートしたら、バタバタと音を立てながらハンドルに凄い振動が伝わってきた。ありゃりゃ! パンクしてるがな・・・。ただ、路駐の車をよけて道路のど真ん中に出た車をその場で停める訳にもいかず、仕方ないので他の車が来ても大丈夫な所まで最徐行しながらもそのまんまバタバタ言わせながら移動した。

ファイル 232-1.jpg
 80扁平のパンダちゃんの右前タイヤ、完全に空気がない状態で少し走ったせいで変な柄が付いてしまった。写真はコンプレッサーの音がしても迷惑にならない大通りまで出てから空気を入れてるところ。裂けてはいなかったので空気を入れて無事に帰宅は出来たけど、空気を入れてる間タイヤに刺さってる釘とかないか探してみても見当たんない。夜だからわかんないのか誰かにイタズラされたか? 帰ってからタイヤに洗剤掛けて、その後水を掛けてみたら、サイドウォールから泡がブクブク・・・イタズラに決定! (/_;)
 更に今日のお昼の部に出掛ける前にまたペッチャンコのタイヤに空気を入れててふと気付いた。後もやられてるがな!!

ファイル 232-2.jpg
 お昼の部が片付いてから取りあえずパンク修理。サイドウォールの修理はダメとわかってはいるんだけど、敢えて修理で少しの間様子を見ることにした。通りすがりの単発のイタズラならともかく、常習化して交換後すぐまたやられちゃたまんないもんね・・・。過去に常習犯に半年間で14本やられた事があった。その時は自宅前だったのでビデオカメラで犯行の時間割り出して張り込みして、とっ捕まえて賠償させたけど今回は無理っぽい。

ひと月くらいもってくれるかな・・・。

居間用テレビPC、ぶっ壊れた・・・。

 以前から一度通電をストップさせちゃうとコンセントの抜き差しを何度もしないと中々起動出来ないという症状が出るtatherっちの居間にあるテレビPC、富士通のFMV-DESKPOWER TX90M/Dがとうとう何度コンセントの抜き差しをしても起動しなくなってしまった。その症状から原因は電源ユニットに間違いなさそう、そんな訳で・・・
ファイル 231-1.jpg
本体から電源ユニットを取り出してケースを開けてみた。
ファイル 231-2.jpg
 電解コンデンサが一個お亡くなりになられていたので後日京都市内まで出掛けてコンデンサを買ってきた。200円ちょっとの部品、これで直りゃラッキーですわ♪
 んで、頑張って交換してユニットの組込みをしていざ通電!・・・したらユニットから煙が出てきた。はい、お疲れさまでした・・・。
ファイル 231-3.jpg
 お役目を終えてうなだれるテレビPC、残念ながらこれでお別れ、今までホントにお疲れ様です! 心より感謝!!

 そしてテレビを探しに電気屋さん・・・じゃなくてリサイクルショップ巡りに♪ モチロン急な出費の備えなどないtatherっち、ひと月近く掛かって(金策ね。)やっと購入!!
ファイル 231-4.jpg
 7年落ちの32インチだけど“世界の亀山モデル”です♪ 8,980円と破格♪ 但しリモコン欠品。まぁ、テレビは見れるからリモコンはユックリ探すとしよう♪ でも、かなり不便ではある・・・。
 更に、今まではテレビ(チューナー内蔵大画面)PCだったから今回もPCを接続してテレビPC化に着手。引揚げ品のパーツを寄せ集めてテレビに接続、若干の試行錯誤はあったものの・・・
ファイル 231-5.jpg
“世界の亀山”モニターで表示されるWindeows10 Pro(6bit)マシン、若干不具合もあるけど何とか形になってきた♪ 今後は“ながらPC”に対応するべくテレビチューナーも搭載して、更に今はショボい2GBのメモリも8GBくらいまで増設して一通りのアプリも入れてメインマシン以上の仕上がりにする予定ではある。

 先代テレビPC、元々晩(朝?)酌時の“ブログマシン”だったから随分更新が遅くなってしまった・・・。今後は小まめな更新が出来る♪・・・ように努力します。

ページ移動